カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

伊藤 冨男さん特集

食味値へのこだわり 伊藤 冨男

「食味値の高いお米をつくること」
それが伊藤 冨男さんの信念であり目標です。
食味値を上げる手立てとして、5年ほど前から有機100%肥料を田んぼに散布しています。 また、粒の大きさが食味に比例するという例を受けて、今年は粒の大きいお米づくりに挑戦してきました。

お米の一人っ子政策に力を入れています

冨男さんは水の管理に気を配っており、田んぼには暗渠排水が施行されています。
無効分けつの抑制に力を入れるためです。
無効分けつとは、穂のつかない無駄な分けつのこと。
増やそうと思えば稲はどんどん茎を増やしますが、過剰に増えた穂のつかない無駄な茎は自然に消滅してしまいます。
それでは栄養が分散してしまい、大粒で品質の良い米が十分に育たないので、茎の数を調整する必要があります。 
そこで行うのが、田んぼの水をぬいて土を乾かす中干しという水管理。
こうすることで過剰生育を抑制することができます。
冨男さんはこの作業を「お米の一人っ子政策」とわかりやすく説明してくださいました!
穂は少なくなってしまいますが、粒の大きいおいしいお米に育てるために必要な努力は惜しみません。


お孫さんが大好き
冨男さんはお孫さんが大好き!
お孫さんのために、アケビを家庭菜園で育てています。
取材している私たちにもたくさんのアケビをプレゼントしてくださいました。
冨男さんのお孫さんも、おじいちゃんが作るお米が大好きなんだとか(^^)♪
食味にこだわっている冨男さんのお米。
ぜひお試しください!

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100028809&eid=11

ページトップへ