カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

寛文五年堂 いなにわ手綯うどん 贈答用紙箱入り

日本三大うどんのひとつ 秋田の名産 「稲庭手綯うどん」

秋田県湯沢市稲庭町。ここは、良質な小麦の産地であったこと、そして、栗駒産地からのきれいな水が流れ込む場所であったことから、古くは江戸時代から、うどん作りが盛んに行われてたと言われています。

寛文五年堂のこだわりの原料

原料は、小麦、水、食塩だけ。だからこそ、その質が大事です。
稲庭うどん独特のシコシコした歯ごたえは、たんぱく質が多い稲庭の里の小麦を使用しているから出せる技なのです。


350年受け継がれてきたこだわりの技

どんな機械にも勝る素晴らしい道具は「人間の手」。
寛文五年堂では、生地を捏ねる作業から、うどんの裁断にいたるまで、 ほとんどの工程を手作業で行っています。人が一番美味しく感じる面の太さ、心地よい食感を知り尽くした職人が、一本一本丁寧に仕上げています。機械のように早く作ることはできませんが、人の手にしか作れないおいしさがこのうどんにはあります。




おいしい茹で方のコツ

できるだけ大きな鍋を使い、鍋の中でうどんが踊るように。 まずは、できるだけ大きな鍋をご用意ください。一人前(80〜100グラム)に対して1リットル以上の水が目安です。うどんを美味しくゆであげるコツは、たっぷりのお湯の中でうどんが常に鍋の中で踊っている状態を保つことです。

また、麺がゆであがったら、素早くざるにあげ、ざっとお湯を切ったら、冷水をかけて、粗熱をとり、麺を引き締めます。ボウルに入れ、両手で丹念にもむようにしながら、うどんの表面のぬめりを落とすのがポイントです。


温かくても冷たくてもおいしい


つるつる・シコシコした食感が特徴の稲庭うどんは、和風だしだけでなく、さまざまなレシピにも合いますので、洋風・中華風にもアレンジできますよ。


寛文五年堂 いなにわ手綯うどん 贈答用紙箱入り

価格:

2,160円 (税込)

[ポイント還元 21ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ