カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

稲庭干温飩(うどん・つゆセット)

佐藤養助の稲庭し饂飩(うどん)




稲庭干饂飩______________________________
稲庭うどんとは、食用植物油を使用せず打ち粉としてでん粉を使うのが特徴的な秋田県南部の干しうどんのことです。 普通のうどんは、麺生地を麺棒で伸ばして包丁で切るのに対して、 稲庭うどんは麺を手で伸ばし、ゆっくりと時間をかけて乾燥する製法(手延べ製法)で作られます。乾燥前につぶすので、平べったく、少し細い形状をしているので初めて食べる方には驚かれるかもしれません。讃岐うどんが太い生麺なのに対して、稲庭うどんは細い乾麺なので、適度な歯触りとつるりとした上品な食感が魅力です♪



      1860年創業 佐藤養助商店

おいしい干うどんの技法は、吉左エ門家が一子相伝(親から子へ、子から孫へという秘伝の技を受け継ぐこと)で門外不出です。
しかし、一子相伝では、技が絶えてしまうリスクが高いことを心配した吉左エ門によって、
特別に二代佐藤養助に伝授され、佐藤養助商店が創業となりました。
それは万延元年(1860年)、江戸末期の頃のできごと。
同時期には桜田事変が起こったことが有名です。

      守り続けたおいしさの秘訣

創業から三百年もの間、守り続けてきた佐藤養助商店独自の手作り製法が、旨さの秘訣です。
練る・綯(な)う・のばし・乾燥の全工程で機械を一切使いません。

一番重要な生地づくりでは、良質な小麦粉、清澄(せいちょう)な水、塩を配合して、
丹念に練り続けることで、機械では不可能な空気穴をたくさん含む腰の強いうどんになります。
1860年の創業後から現在に至るまで、*宮内省より御買上げの栄を賜わる他、多くの賞を受賞しています。

*宮内省(くないしょう)
…現在の宮内庁の前身。宮廷の修繕や食事、掃除、医療などの庶務一切を務め、天皇の財産を管理していた。


*稲庭うどんの味にマッチした
 こだわりのつゆをセットしてお届けいたします♪


 つゆもセットされているから、調理が簡単で嬉しい逸品です❤
 贈り物やお礼の時の定番商品です。

稲庭干温飩(うどん・つゆセット)

価格:

3,240円 (税込)

[ポイント還元 32ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

製造元佐藤養助商店
内容量稲庭うどん:80g×6袋、つゆ:80g×3袋×2箱(約5〜6人前)
原材料稲庭うどん:小麦粉、でん粉、食塩 *でん粉は打粉として使用
つゆ:しょうゆ(本醸造)、風味原料(かつおぶしエキス、かつおぶし、こんぶエキス、こんぶ)砂糖、みりん、たん白加水分解物、食塩、醸造酢、酵母エキス(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
賞味期限 うどん:製造から2年 つゆ:製造から1年

ページトップへ