カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 
HOME > 地酒 > 刈穂
刈穂酒造

KARIHO


刈穂酒造___________________________
刈穂酒造は、1913年(大正2年)、出羽鶴酒造の兄弟蔵として秋田県神宮寺町(現・大仙市)にて創業。「刈穂」の酒名は、百人一首の最初の歌としても知られている『秋の田のかりほの庵のとまをあらみ わが衣手は露にぬれつつ』に由来します。山廃純米超辛口など、極めて辛口の日本酒を生産することが特徴です。丁寧に、付加価値のある酒を造る貴重な酒蔵のひとつです。


刈穂酒造は、1913年(大正2年)、出羽鶴酒造の兄弟蔵として秋田県神宮寺町(現・大仙市)にて創業。「刈穂」の酒名は、百人一首の最初の歌としても知られている『秋の田のかりほの庵のとまをあらみ わが衣手は露にぬれつつ』に由来します。山廃純米超辛口など、極めて辛口の日本酒を生産することが特徴です。丁寧に、付加価値のある酒を造る貴重な酒蔵のひとつです。  

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

1件〜2件 (全2件)

ページトップへ